FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮城の出産費用は4位で高額、出生率は平均以下

公益社団法人 国民健康保険中央会調べによると
宮城県の出産費用平均値は平成26年度527.717円で4位。
過去継続的に4位という高額出産費用県を残念ながら維持している。

東京都は4年間で約4万円の増加、出産に優しい鳥取県は13千円。
宮城県は約27千円上昇している。

平成26年度合計特殊出生率ランキング(東北大集計訂正データ参照))と
見比べると、やはり出産費用の安い県が上位を占める。

今後の人件費上昇が課題である事を加味すると更に出産費用は上昇する。
市町村によって様々な行政サービスにも大きな違いがあるが、ニュースで
やっている保育園増加で待機児童がいなくなれば少子化が止まるという
話は東京だけの話かもしれない。

相談センターの開設やチラシに金をかけるより、具体的且つ立体的で現実的な
助成等に金をかけるべきではないだろうか。

因みに出生率(特殊)の全国平均は1.42人。
全国平均を下回ったのは、東北では宮城県と秋田県。

出産費用表

     2010年   2014年  アップ     特殊出生率 
青森県 413,859円 433,936円 20,077円 4.85% ↗ 1.43人 37位
岩手県 433,116円 455,280円 22,164円 5.12% ↗ 1.46人 34位
秋田県 429,109円 448,132円 19,023円 4.43% ↗ 1.36人 38位
福島県 446,884円 474,697円 27,813円 6.22% ↗ 1.60人 12位
山形県 471,760円 494,569円 22,809円 4.83% ↗ 1.50人 24位
宮城県 500,749円 527,717円 26,968円 5.39% ↗ 1.32人 43位
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

口コミサイト   「エキテン」
お客様の口コミもご参考にして下さい。
カテゴリ
リンク
2011年11月3日より来訪者
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。